ネットショップ

2015年のネットショップの動向予測と独自ネットショップの成長戦略

20141115

2014年、それまでは敷居の高かった独自ネットショップに個人・法人・大手問わず、続々と進出してきました。

たとえばアマゾンやヤフオク!などのプラットフォームで成功した個人や中小企業が「次はネットショップだ!」という感じでどんどん参入してきています。

これが2015年も引き続き加速すると思いますので、特に強みもない零細ネットショップはどんどん淘汰されてしまうでしょう。

当社も1つ輸入でネットショップやっていますが、競合ネットショップは次々と姿を消してますね〜。

円安ももちろんありますが、大手が参入してきたというのが一番の理由かな?と思われます。

こういう時代に弱小ネットショップはどうしたらよいか?またこれから既存のマーケットに新規参入していく場合はどうしたらいいのか?

いくらでも対策は可能です。お客様に喜んでもらえることをコツコツやっていけば必ず生き残れます。

たとえば、

・商材に関する情報、もしくは周辺の役立ち情報をブログで発信する

・ショップの商品説明を競合よりも写真を多くしたり説明を増やすなど詳しくする

・カメラの撮り方を勉強して商品を美しく撮り直す

・商品使用後に広がる世界、を訴求してお客様の購買意欲をかきたてる

・ショップのオーナーまたはスタッフの顔と個性を押し出して、ショップを好きになってもらう

・メール対応に心を込める、笑顔が伝わる文面を書く

・ショップ上またはメール対応でコーディネートを提案して顧客単価をアップする

・既存顧客にアンケートを書いてもらってお客様の声を大量に掲載する

・素人っぽいデザインをできるだけプロっぽく直して安心感を与える

・商品のちょっとした不便なところをおまけを付けることで解決する

・商品の製造工程や検品風景を公開して安心してもらう

・商品の梱包に手書きのメッセージを添える

などなど。

真剣に考えたら各々のネットショップに合った改善策はいくらでもあるはずです!

また個人でされている方でしたら、率直な意見を言ってくれる知り合いがいたら「このネットショップで商品を買いたいと思う?」と聞いてみましょう。で、具体的にどんなところがイマイチなのか聞いてみましょう。

あとウェブサイトの無料診断をしてくれるHP業者もありますので、そういうのを利用するのもいいかもしれないですね。

お金をかけなくても、労力を惜しまなければショップはやればやっただけ成長しますし、やっただけ売上も上がるのがネットショップの面白いところですね!


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">