使い勝手の良さを追求します

ウェブサイトやシステムを使いやすく設計すること。これはプロである私たちの最も重要な仕事です。

どうしたら大多数のユーザーが使いやすいサイトになるか。私たちは日々このことを考えています。

『ユーザーの期待に沿っていること』

この点をまず十分に検討します。

例えば、リンクやメニューに表示する文言をどうするか?ここはじっくり考えます。遷移先のコンテンツの内容を抽象化する最もよい文言で見栄えの良さも考慮に入れて文言を決めていきます。

その上で

『ユーザーの利便性を高めること』

これは例えば検索フォームを用意する、ページングの操作性をより良くする、Ajax技術を使いページのリロード無しにフォームを表示してクリック回数を減らしたり等、技術的に改善することができます。

こうした使い勝手を良くするためには、技術力も必要ですが、それよりも業務を理解する姿勢が大切だと考えており、私たちはお客様の話をよく聞いてお客様の業務の理解に尽力しています。