保守契約の内容とその必要性について

保守の範囲で対応可能なのは、
・不具合の修正
・10分程度で可能な軽微な修正
になります。

納品(検収)後1年間は無償で保守いたします。

1年経過後についてはお客様が締結したいとおっしゃった場合のみ、初期費用(開発費用)の10%を年額として保守契約を1年単位で結ばせていただきます。

Acrobatを使ったPDF分割マクロの場合、おもにAcrobat理由による不具合が多かったので、保守の必要性もありましたが、現在のアプリ形式では急に分割できなくなるといった不具合はないので保守契約の必要性は低くなりました。

またPDF一括作成案件なども1年経過後に仕様が変わらない限り修正の必要もないため、何か必要が出た際にスポットで(都度見積もり)対応させていただければよいと考えております。